映画

「グラディエーター」主演 ラッセル・クロウ

投稿日:

今日は「グラディエーター」を観ました。

スポンサーリンク

2000年公開の映画で、主演はラッセル・クロウ。

 

この映画も、もう何度も観ているんですが、毎回、心が熱くなります。

そして、泣いてしまいます。(´;ω;`)

以前、記事にも書いた、「ブレイブ・ハート」や「孤狼の血」もそうですが、

私は、こういった、ずっしりとくる映画が大好きです。

「グラディエーター」は、「ブレイブ・ハート」に近いと思います。

 

私は、予告でみた程度の、殆どストーリーも分からない状態で観て感動するのが好きなので、

映画自体の内容はなるべく書きませんが、ストーリーは王道じゃないでしょうか。

なんですが、数年おきに観たくなる映画です。

スポンサーリンク

映画のあらすじは、wikiとかにも詳しく書いてあるので、割愛します。

 

この映画で初めてラッセル・クロウをみたんですが、すぐファンになりました。

この映画のイメージが強すぎて、ラッセル・クロウは、

やっぱり、こういった芯の太い男!っていう役がぴったりな気がします。


戦いのシーンが多いので、アクション映画に分類されてるみたいですが、、。

私は戦いよりも、主人公の心に惹かれます。口数少ない中での台詞や、仕草、

目つきなんかを観ていると、こっちまで歯を食いしばって魅入ってしまいます。

後、音楽もとても良いです。

 

私は鎧や甲冑が大好きなので、そういうのが観たい人にもお勧めです。

色々な鎧や兜とかが出てくるので、「おおっ」ってなります。( ´∀` )

 

「孤狼の血」もずっしり来る映画って書きましたが、

「グラディエーター」は、最初からじわじわと重みが増してくる感じの映画で、

「孤狼の血」は、観終わってずしっとくる感じの映画ですね。

「グラディエーター」は、シリアス調で進んでいくので、重厚感があり、

恋愛の描写なんかも、想像させる程度で、尺取りの様な余計な肉付けを落としてくれているのも魅力です。

 

最近は、こういった重厚感があり、余韻が残る様な映画が少ないので、ちょっと残念です。

というわけで、私のお勧めの「グラディエーター」でした。

スポンサーリンク

記事下レクタングル大

momohinagram

-映画

Copyright© ももひなブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.