映画

「ジョン・ウィック:チャプター1・チャプター2」主演 キアヌ・リーヴス

投稿日:

カエレバが仕様変更となって、ちょっとリンクが見にくくなってしまいました、、。今後、修正される方向のようですが、まだかかるみたいで、残念です、、。

スポンサーリンク

さて、遂に「ジョン・ウィック:チャプター3」の予告が出ました。2019夏あたりに日本公開みたいです。全米公開は5月17日予定との事で、今から楽しみです!

で、今回は、その前編となる、「ジョン・ウィック:チャプター1」と、「ジョン・ウィック:チャプター2」です。

久しぶりに、キアヌ・リーヴス主演の映画を観たい!と思った映画で、実際に観て、興奮しました。
( ´∀` )
あらすじとしては、キアヌ・リーヴス演じる、凄腕の殺し屋ジョン・ウィックは妻が亡くなり、裏稼業から足を洗い、妻が残した犬と静かに生活していたんですが、強盗に愛車のマスタングを奪われ、犬の命も奪われてしまい、激昂したジョンが復讐に立ち上がる、という話。

話は難しくなく、言葉が分からなくても観れる映画だと思います。そこらへんは、「スピード」に似てるかな、と。
キアヌ・リーヴス主演の「スピード」は、父が海外で英語のビデオを買ってきて、言葉が分からなくても面白い作品だ、とみせられました。
当時、本当に言葉はわからなかったんですけど、面白い映画でした。

で、何が面白かったかというと、シンプルなストーリーもそうなんですが、アクションが良いです!
今でも思うんですけど、大抵の映画は、凄腕の殺し屋とかスパイとか、最初は一撃必中するのに、後半になると全然当たらない。
とどめもささないし、敵の武器も奪わない、、。
なんで?って思ってました。
ですが、、ジョンは違います!頭を狙い、確実にとどめを刺す。

ガンフーという新しいジャンルの戦い方だそうで、拳銃と格闘技をミックスさせた戦い方をします。
まあ、強い者同士の戦いになると、必中はお互いにできないんですが、ゾロゾロでてくる敵をジョンがバタバタと倒していく姿は、久しぶりに興奮し、スカっとします。それに、色々な銃を扱うので、それを見るのも楽しいです。

ジョン・ウィック (期間限定) 【DVD】posted with カエレバ楽天市場Amazon


チャプター2も、言葉が分からなくても楽しめる映画だと思いますが、チャプター1からの続編になるので、チャプター1から観たほうがいいと思います。

チャプター2では、かつて血の契約「誓印」を交わした男に仕事を依頼されるんですが、それをジョンが断り、今度は家ごと吹き飛ばされます。(;^ω^)
怒ったジョンは、復讐しようとしますが、契約を放棄したジョンが悪いので、なくなく、仕事を遂行し、、。
という話で、チャプター2では、世界中の殺し屋からジョンが狙われる事に。

スポンサーリンク

2になると大仕掛けになるけど、面白くなくなる映画もありますが、これは違いました。チャプター1をさらに磨き、続編は作らないの!?と思わせる映画になっています。
そして遂にチャプター3の予告公開で、今からワクワクします。

というわけで、チャプター3を観る前に、前作を見ておくといいと思います。
久しぶりに格好いいキアヌ・リーヴスの映画でした。
三部作なのかわかりませんが、ある程度シリーズで続いて欲しい作品です。

この映画で使われる、ガンフーという戦い方ですが、最近流行りだしているみたいで、すでに何作品か、このガンフーを使った映画が出てます。
「リベリオン」で使われたガンカタという戦い方に似ていますが、どちらかというとガンフーは銃と格闘技のミックスで、ガンカタは根本的に、銃弾が当たらない位置どりをする、という違いがあるようです。

ジョン・ウィック:チャプター2 [ キアヌ・リーブス ]posted with カエレバ楽天市場Amazon

スポンサーリンク

記事下レクタングル大

momohinagram

-映画

Copyright© ももひなブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.