未分類

サイトにYouTubeの動画を埋め込んでいいのか

投稿日:

今回は、サイトにYouTubeの動画を埋め込んでいいのか、調べてみました。

スポンサーリンク

 

私は映画が好きなので、映画のカテゴリーを作り、記事を書いたんですが、

予告動画を埋め込めたらいいのになぁ、、と思いました。

 

ネットサーフィンをしていると、「YouTube」の動画を

記事中に埋め込んでいるのを見かけます。

私にとっては、それは凄く便利で、「YouTube」から検索をかけなくても、

直ぐにそのサイトから動画を観れるからです。

いちいち検索をかけて観る手間が省けます。

 

で、実際、それはやっていい事なのかを調べたんですが、

これがまたややこしく、意見が二つに分かれています。

スポンサーリンク

特に音楽や映画に関しては、著作権の問題があり、

両極端な意見がみられます。

こうなると、やらない方がいい、ってなっちゃうんですが、、。

でも、やっぱり文字だけよりも、予告位は載せたい、、。

 

で、色々とこの件に関するサイトを読んで、私が出した答えは、

「公式」の予告動画はOK。

「YouTube」にアップする時点で、権利者が共有から埋め込みコードの

発行を許可している為。

ダメなものは、許可せず、埋め込みコードがない、らしい。

ですが、否定、批判する記事ではNG。

ここがかなり微妙なのですが、否定、批判目的の記事でなく、

動画を勧める記事であれば、それは権利者に有益になるのでOK、

という、ことらしいです。

 

なんか、曖昧な感じで怖いんですが、兎に角意見が分かれているので、

何が本当なのか、よくわからないです。

なので、埋め込みたいのであれば、許可を得るか、

権利者にとって有益となる形で埋め込めば、権利者がそれを否定しない限り、

問題はない、との事みたい。

 

ちょうど今日、とある業者さんとメールのやり取りをしていて、

お店の名前やリンクを記事に貼ってもいいか聞こうとしていたんですが、

お店側からその件についてメールが来ました。

お店の知名度が低いので、満足していただけたなら、紹介をしてほしいと。

 

この様に、宣伝をしてほしい、観てほしい、と思うから動画をアップするのであって、

それを否定する材料として使われれば、権利者の意にそぐわないので、

当然止めて下さい、となる。

 

というわけで、私は良いか、悪いか、という答えは言えません。

やるのであれば、良く調べたうえで、自己責任で、という事になります、、。

 

なんともグレーでモヤモヤする結論に達したんですが、

私なりにもう少し調べながら、動画の埋め込みをやってみたいと思います。

 

スポンサーリンク

記事下レクタングル大

momohinagram

-未分類

Copyright© ももひなブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.