未分類

ポケットWi-Fi 乗り換えでたらい回しに

投稿日:

今年のゴールデンウィークは大型連休で、うちの会社でも10連休でした。
とはいえ、過ぎてしまえばあっという間で、ゆっくりできた気がしませんでした。
連休中は両家の実家に行った事と、映画を観に行った位なんですが。
映画は「アベンジャーズ エンドゲーム」を観てきました。
「アベンジャーズ」の件は長くなるので、そのうち記事に書きたいと思っていますが、終わっちゃったか、、とう思いと、ん~、、というスッキリしない感想でした。

最近、私のポケットWi-Fiの電池の持ちが短くなり、5時間位で電池が切れてしまう状況で、更に充電すると、かなり高熱をもつようになり、機種変更をしたと思っていました。
で、機種変更を調べたところ、最近新型のポケットWi-Fiが出たらしく、速度も二倍位になっているそうで、ネットでもお勧めされていました。

で、その機種に変えるついでに、月額が安いプロバイダに乗り換えをしようかと。
まあ、ちょっと頭にきた事もあり、プロバイダ名は控えさせて頂くため、契約していたプロバイダを「A社」、乗り換える新しいプロバイダを「B社」と書かせて頂きます。

まず、「A社」さんと契約しているポケットWi-Fiは、「B社」さんと比べて、月額が1000円程違い、高いものでした。ですが、全国各地の店舗で扱っているので、何かあっても、近くの店舗に行けば話が出来る、という利点がありました。
比べて、「B社」はネットで全て済ませるもので、店舗を構えていません。
なので、月額が安いのですが、ちょっと自分で設定や契約の手間がかかります。

で、「B社」なんですが、ネットでも評判がよく、更に乗り換え時に、前の違約金を後で肩代わりしてくれ、初期費用等もなく、最新機種が選べるとの事でした。
そんな訳で、「A社」の更新時に乗り換えをすれば、違約金がかからず、「B社」に違約金の補填の依頼をする必要もなく、楽だったんですが、今のポケットWi-Fiがそんな状態だったので、違約金が発生してもいいか、と乗り換えをすることに。

で、まず「B社」にメールをし、電話がかかってくるのを待ち、電話口ですぐに契約する事ができました。発送もその日のうちに発送してくれて、次の日には新機種が届きました。
ですが、ネットで読んで予想していた感じとは違い、契約時は二カ月分の請求が一気に来る事や、オプションがついているので、ネットからログインして自分で解約しないと、自動的に更新契約され、後で外そうとすると、違約金が発生する等、手間がかかる事がわかりました。
そして、次の日にはキャンペーンの電話が来て、色々と勧められ、結局契約してしまったのですが、、(;^ω^)
そんな訳で、余計な契約もしたため、結局のところ月額は前と変わらない状態に。

で、「A社」です。
ネットでもかなり叩かれていましたが、私も違った形で、解約時に問題が発生し、頭にくる事になりました。

当初、ネット契約は問題がおきたとき、やり取りが面倒なので、「A社」のまま機種変更だけしようと思い、店頭にいきました。
で、解約の旨を伝えると、まず「機種変更をした事がないので」と言われました。
いや、違う店舗に電話するなり、ネットで調べるなり、方法あるでしょ、と。
すると今度は、「機種の在庫がないので、取り寄せるまでに一か月位かかるかもしれない」と。
もうその時点で頭に来たんですが、そんなに待ってられないとおもい、じゃあいいです、と店を後にしました。

そして違う地域の「A社」に行き、解約の旨を伝えたんですが、やはり在庫がないので機種変更は無理ですと。
頭にきて、ゴールデンウィーク中に都心の店舗も回ったんですが、全滅でした。
契約する在庫はあるのに、機種変更の在庫はないってどういう事なんだ??

そんな訳で、乗り換えを決めたんですが、今度は解約で問題が。
「A社」に行き、解約をしたい旨を伝えると、「うちでは解約できません。」と。
いや、おたくで契約したんですけど、と契約時の書類を見せると今度は、「これは「C社」の商品なんで、「C社」の店舗に行って、解約をして下さい。」と言われました。
この時点で意味不明で、なんで「A社」で契約したのに、「C社」じゃなきゃ解約できないんだ?なんで「C社」がでてくるんだ??と頭に血が昇り始めました。

そんな訳で、今度は「C社」に行き、解約を頼んだところ、センターと電話で話す事になり、返答は契約されていません、と。
はぁ??と完全に頭にきました。
3回程、調べなおしてもらったのですが、やはり契約していないから、解約出来ませんと。
押し問答をしていても仕方ないので、電話を切り、店頭の人にセンターとのやり取りを伝え、契約書も見せたところ、確かに「C社」の契約書だけれど、契約情報がやはりない、と首をかしげていました。最終的に、お金を払っている所に電話して、どういう事が聞いてみてください、と。

「A社」は勝手に「C社」の契約書を使い契約し、引き落としは「A社」がしている、という事になります。そして、問題が起こると、「C社」の契約書だから、「C社」に言え、と。
「C社」からすれば、勝手に自分の所の契約書を使われ、身に覚えのない問題を突き付けられた、という事になります。
これって、法的にどうなんでしょう??

そんなこんなで、支払先をつきとめ、やっと解約まで持ち込んだのですが、今度は解約時のメールも、請求書も発行しません、と。
乗り換えで解約金の補填をしてもらうためには、解約した会社と、その金額の照明が必要です。
なので、その旨を伝えると、請求書を書面で発行するには、500円弱と、二カ月程時間がかかります、と。
「なめてんのかこの野郎!」と電話越しに怒鳴りたくなりましたが、もうそれでいいから、兎に角解約して、請求書をよこしてくれ、と電話を切りました。

たらい回しで、ぐだぐだな対応に完全に頭に血が昇っていたので、新規に契約した「B社」に電話をし、「A社」に請求書もメールも一切ないって言われたんだけど、と言うと、「解約時は基本は書面か、ネット契約であれば、メールで報せなければならないので、ないのはおかしいですよ。」と。

取り敢えず、二カ月先でも、解約した際の証明があれば、その金額は当社がもちますので、安心してください、と「B社」が言ってくれたので、少し血が引きましたが、、。
正直、補填できなくても仕方ないと思っていましたが、それにしても「A社」には頭に来ました。
契約しておきながら、解約は全く関係ない会社に言え、といい、支払先もしらない、解約の仕方も知らない、在庫もない、と。
他社の契約書にサインさえさせたら、あとは何も知りません、後は契約書の会社の責任です、って詐欺じゃないです??

そんな訳で、何日も店舗を回り、最後は一日たらい回しで、やっと解約となったわけですが、本当に請求書を送ってくるのか、本当に引き落としを停止するのかも怪しく、とても疲れました、、。

スポンサーリンク

-未分類

Copyright© ももひなブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.