映画

ロミオ+ジュリエット 主演レオナルド・ディカプリオ

投稿日:

今回は「ロミオとジュリエット」の現代版。

スポンサーリンク

ロミオを演じるのはレオナルド・ディカプリオ。

ジュリエットを演じるのはクレア・デインズ。

 

正直、この映画を観るまでは、あまりラブストーリーとかの映画は好んで観ませんでした。

まあ、今でもそんなに観ないんですが、これは友達にもお勧めした作品です。

従姉妹夫婦は、3回も劇場にリピートして観たらしいです( ´∀` )

 

さらっと、昔の白黒の「ロミオとジュリエット」も観たんですが、

ストーリーは崩してないようで、結構忠実なリメイクっていう感じです。

 

で、何がそんなにいいか、と言われると、私の好みにぴったりの映画だったんです。

ストーリーが好きなんじゃなく、見た目と音楽に惹かれました(;^ω^)

スポンサーリンク

 

ディカプリオも観たかったんですが、ジュリエット役のクレア・デインズが可愛い!

ただそれだけで観たんですが、ハマってしまいました。

現代版はそれぞれが一品物の自分の銃をもっていて、

ロミオ達はアロハシャツ、神父さんも背中に入れ墨で、アロハ。

更に惹かれたのは、ティボルトの鉄の踵のブーツ!

 

これを観てから、友達とこのブーツが欲しくて欲しくて探し回り、

結局売っていないので、作るか!とまでいきました。

まあ、この踵に関しては、そのうち記事に書こうかと思ってます。

トレイラーでちょっと写りますけど、クルクルと回す銃さばきのシーンとかも恰好いいですねー。

 

そんなわけで、ストーリーは忠実に、現代版にアレンジしてるけど、恰好は「普通」じゃない。

映画で観てると恰好いいんですが、実際、みんな着るか?というと、

多くの方が毛嫌いするんじゃないでしょうか。

実際、私も夏はアロハに雪駄かビーチサンダル、冬はスカジャンにウェスタンブーツっていうスタイルなんですが、

周りからは嫌がられます(;^ω^)

着方や柄とか、拘りを持って着てはいるんですけど、

周囲は、チ〇〇ラや、ガラの悪いように見えるみたいですね、、。

自分の中では、全く別物なんですけどね、、。

 

音楽も好きで、サントラも買ってしまいました。

特に好きなのは、「Little Star」っていう曲で、間奏にサックスなのかな?が流れるんですけど、

昔の金曜ロードショーのテーマ「Friday Night Fantasy」の様に、なんとも言えない気分になります。

そんなわけで、有名な「ロミオとジュリエット」なんですが、

昔のはちょっと、、という方は、この現代版を観てみるといいんじゃないでしょうか。

私はDVDを持ってますが、Blu-ray版もでてました。

スポンサーリンク

記事下レクタングル大

momohinagram

-映画

Copyright© ももひなブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.