健康

白血球の異常増加の検査へ(その1)

投稿日:

新しい元号が「令和」になりましたね。
ちょっとフライングで頭の文字が見えてしまいましたが。(;^ω^)
色々な感想があると思いますが、私はなんだか、第一印象は冷たい感じをうけました。
「和」はいいんですが、「令」が、、。
「令」というと、「命令」や「指令」「号令」「勅令」など、思いつく漢字はかなり規律を意味し、「~しなければならない」といった漢字だと思います。
敬語としての「令」もありますが、普通の生活の中で「令嬢」とか使わないですし、、。

さて、今回も引き続き、私の健康状態の話になってしまうのですが、、。
前回、大腸内視鏡検査を受け、その際、血液検査もしていたんですが、そこで白血球の異常増加、という問題が発覚しました。というより、続いていた、の方が正しいですね。
で、血液検査をする為、お医者さんを指定され、その方に診てもらうことに。

有給を貰い、受付を済ませた所までは問題なかったんですが、待たされたところが、循環器科、、。
「血液検査なのになんで循環器科なの??」と不安が。
病院の組織がどうなっているのか知りませんが、てっきり、内科か血液内科で診てもらうものだと思っていました。
でも、循環器科に回されてしまったので、不安になりながらも待っていました。
先生の名前は憶えていたので、違う先生だったら、変えて貰おうと思いました。
まあ、受付でも、カルテに先生の名前が書いてあるので、とお願いはしていたんですが。

で、呼ばれて中に入ると、指定された先生でした。一安心。
「ふ~ん、循環器科って血液に詳しいんだぁ。」と思い椅子に座ると、先生がカルテを見始めました。
なんですが、なんか様子がおかしい、、。あからさまに詳しそうな感じがしない。
そして不安が的中、、。
「白血球の数値が異常だねぇ。血液に詳しい先生に診てもらいましょう。紹介状を書きますからね。」で、終わりました、、。

「なんなんだ。一体この時間はなんだったんだ。」
当然、怒りが沸々と、、。
名前まで指定してきてるんだから、当然、その先生は血液の数値を既に診ていて、そこからどういった検査をするか、という流れになると思っていたのに、初めて診て、じゃあ違う病院に、って、、。

幸い、紹介された病院は車でもちょっとの距離だったので、イライラしつつも、直ぐにそちらの病院へ。
ただ、そちらの病院は以前、首の骨折を打撲と診断した病院で、「大丈夫なの?」という不安もよぎりました。
すでに朝の受付は終わっており、患者さんが待ち状態で、2時間程待たされましたが、それでも、多分紹介状を持っていたから、順番を入れ替えてくれたんだと思います。

今度の先生は、マスク越しですが、俳優の松山ケンイチさんに似ていました。結構、目力も強く、キリっと目を見てくる先生でした。
で、数値をみて、発したのが、「血液が多いっていわれなかった?」と。
最初はなんの事だか理解できず、「白血球が多いと言われました。」と答えたんですが、「前の病院で、血液の量が多いって言われなかった?」と。
血液の量??白血球じゃないの??と、ちょっと混乱しつつ、「白血球が多いってしか言われてませんが、、」と。

そこから話が始まったんですが、血液は骨髄で作られ、およそ3カ月で体中の血液が、入れ替わるんだそうです。関節でも多くつくられるそうですが、骨盤辺りが多いみたいです。ここや、ここ、と触られました。
で、およそ3カ月周期の量の血液が作られるんですが、私はそこが異常をきたしており、大量に血液を作り出している、との事。

で、大量の血液が作られる状態になった場合、白血球数が増加する事がある、と。ですが、なぜ白血球だけ異常に多いのかはまだ不明で、骨髄がなぜ大量に血液を作り出しているかも不明。
「体に異常はありませんか?」と聞かれたものの、ありすぎてどう答えてよいか分からず、「まあ、ありません。」と答えてしまいました、、。

ここがポイントなんですよね、、。病院に行ったら、あれも、これも聞こう、と思っていても、先生の説明を受けてると、なぜかそれを言い忘れてしまったり、ここも、ここも悪いです、と言いたいのに、なんだか言いそびれてしまう。
なんなんでしょう、あの焦りと雰囲気、、。

で、血液の精密検査をしたいけど、いいですか?と聞かれ、承諾しました。念を押されたので、何かやっかいな検査でもするの??と思いつつ、はい、と。
今現在の血液量と白血球数は異常で、考えられる幾つかには、白血病があるので、まずその可能性を潰したい、と言われました。

そして採血する事になったのですが、看護婦さんも苦笑いでしたが、細長い瓶で10本位血液を採られました。
幸い、貧血もなく、看護婦さんもとても上手で、針が刺さったのも分かりませんでした。

ですが、病院は予約で埋まっており、検査結果は月末になるとの事、、。
白血病というフレーズをだしておいて、月末まで結果は分からずっていうのは、生殺し状態です。(´;ω;`)
せめて分かった事の途中経過でも連絡が欲しいところですが、仕方ないです、、。

そんな訳で、今回分かった事は、血液が大量生産されている事、その中でも、白血球が大量生産されている事。
月末の結果で、原因箇所が絞られてくると思うので、更にそこを精密検査、というながれになるのかな、と思います。

下痢で病院に行ったはずなのに、その応急処置もなく、とんでもない方向に進んでいってしまい、おいおい、って感じです、、。(-_-;)

スポンサーリンク

-健康

Copyright© ももひなブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.