健康

白血球の異常増加の検査へ(結果)

投稿日:

ここのところ、ちょっとバタバタしており、幾つか下書きはしていたんですが完成はしておらず、記事をアップしていませんでした。
特にこの白血球増加は続きものでしたが、すっかり忘れていました。

スポンサーリンク

もう一カ月も前になるのですが、4月の末に血液検査の結果がでました。
結果から言うと、原因不明、、。(-_-;)
血液検査から、ガンや白血病の可能性はないので、心配ない、と。
ただ、原因は?となると、不明なので、残るは脳神経になるかと。
現状、白血球数は問題ありなのですが、様子見、という事になりました。
会社の健康診断等で必ず精密検査になると思われるので、その数値がもっと上がってくるようなら、何らかの対処をせざるを得ない、という事でした。

という訳で、既に精神科にかかっているので、結局のところ、ぐるっと一周して元に戻ってきた感じです。
まあ、大腸内視鏡、血液精密検査と二つの検査をし、どちらも、大きな問題はない、という結果だったので、そこは安心できたので良かったです。

で、血液の検査の件なのですが、やはり血液の量が多いという事で、2つの提案を受けました。
1つ目は血液サラサラの薬を飲む。
血液の量が多いので、通常よりも血液の流れが悪くなり、いわゆる血液ドロドロというやつです。それになると、血管が詰まり、脳梗塞や心筋梗塞のリスクが通常よりも高いというリスクを負う、との事でした。
ですが、私の場合、血液の流れはドロドロまでは行っていないので、今からサラサラの薬を毎日飲み続ける、という事はしなくてもいいだろう、との事で、薬の処方は辞めてもらいました。
現状、原因が不明なので、この異常が何らかの形で治らない限り、飲み続けるしかない、との事だったので。
これに関しては、自分で何か対策を練るしかないな、と。

2つ目は、骨髄から血を定期的に抜く、という方法。もしくは、定期的に献血等で血液を抜く、という提案でした。
骨髄注射は当然嫌なので、断りました。
献血は自己判断で。
血液自体に問題はないので、提供できるとの事。
これもまあ、どこかで献血の募集等をしていたら、その時は協力すればいいかなぁ、と。
定期的に、となると仕事に影響が出てくるので。
どちらにしても、血液を抜く事で、血液の量を減らし、白血球の数値を落とす、という方法なのですが、となると、他の正常な数値のものも減少になるので、そこは医師と相談と調整を行いながら、という事になります。

で、当初の問題であった下痢についてなのですが、白血球の増加とは無関係との事で、原因不明で処置なし、という事になりました。
精神科で下痢止めを一日2錠処方され飲んでいるんですが、確かにトイレに行く回数は減るんですが、下痢に変わりはありません。
それでもピーク時よりは薬が効くようになってきているので、飲み続けるしかないかな、と。飲まなければ、まともに仕事もできないので、、。

そんな訳で、何も解決しない結果となりましたが、仕方ないですね、、。
鬱は回復し、薬を徐々に抜いてきていた最中だったのですが、またぶり返しているそうで、薬を抜くのもストップがかかった状態で、それもまたストレスです。

スポンサーリンク

記事下レクタングル大

momohinagram

-健康

Copyright© ももひなブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.